Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
雑読日記
Welcome
Profile
Comment
ブックエンド
お気に入りの本を並べましょう                       もっと見たい方は海石榴堂へどうぞ!
ブックマーカー(しおり)
小さな贅沢                                                    もっと見たい方は海石榴堂へどうぞ!
ブックカバーせれくしょん
                  もっと見たい方は海石榴堂へどうぞ!
Mobile
qrcode
Search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
誰か (文春文庫 み 17-6)
JUGEMテーマ:読書

 今田コンツェルン広報室に勤める杉村は、
 義理の父でもある今多コンツェルン会長の依頼で、
 事故死した運転手梶田の追悼の本を出したいという
 姉妹の相談を受ける。
 未だに捕まらないひき逃げ犯を見つける為、本を出したいという
 姉妹の思いを知り、梶田の過去を調べ始めるのだが、
 思いもよらない人生が、浮かび上がってくるのだった。

久々に、宮部みゆき先生読みました。

推理サスペンス・・・ですが、それだけではなく
普通に日常を送っている人達が、
それぞれ、何かを抱えて生きていて
自分だけが大変なんじゃないのですよ〜って、
言われた気がします。
 …まぁ、わたしの今の状況の中で、思ったことなのですが。

しかしながら、内容ずっしりでも、
スイスイかろやかに読み進められますな〜

これなら模倣犯もスイスィーと読めるでしょうか。
文庫本全5巻は、ちょっと躊躇してしまいます。

さて今更ながらですが、
かどまつあけおめ、ことよろ、 でございます。
今年の目標は、
「何時、誰が来ても、恥ずかしくない家。脱プチごみ屋敷!」
本とは全く関係ありませんが、ここで宣言させていただきます。

が、今日も物が溢れる部屋でパソコンに向かっております。
ゆえに、目標達成できる可能性は…?ノーノー
 
評価:
宮部 みゆき
文藝春秋
¥ 680
(2007-12-06)

| 著者名マ行・その他 | comments(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









Material by Night on the Planet
Template by NoIndex